伝統的工芸品とは
1.主として日常生活の用に供されるものであること
2.製造過程の主要部分が手工業的であること
3.伝統的技術または技法によって製造されるものであること
4.伝統的に使用されてきた原材料であること
5.
一定地域で産地を形成していること
 織物・染色品・繊維製品・陶磁器・漆器・木工品・竹工品・金工品・仏壇・和紙・文具・諸工芸品など日用品全般にわたって指定されており、経済産業大臣が指定した上記事項を満たされた製品だけに伝統マークをデザインした「伝統証紙」を貼る事が許されています。
また、それは消費者の皆様が伝統工芸品を購入する際、安心して購入できる目印になるものです。
   
詳しくは
『財団法人 伝統的工芸品産業振興協会』へ