織部(おりべ)
釉薬、文様、粘土の違いで、黒織部・青織部・志野織部・鳴海織部・赤織部・総織部・美濃伊賀・美濃唐津などに区別されている。
 美濃出身の大名茶人「古田織部」の好みのやきものということから、「織部」の名称で呼んでいる。
 器の変形や文様の色調の多彩さが特徴。17世紀初頭に美濃の連房式登窯で生産されたが、特に元屋敷窯(国史跡指定)の製品は優れています。
 

 河合 竹彦氏 監修