黄瀬戸(きぜと)
薄く仕上げられた端正な器形に、黄褐色に発色する灰釉がかけられ刻線・印花などの文様が施されている。
 茶碗・向付・鉢・花入・水指・職台・香合などがあり、瀬戸黒同様16世紀中頃から美濃で生産された。
 


 河合 竹彦氏 監修