御深井(おふけ)
 御深井とは一般に名古屋城内の御深井丸で焼かれた灰釉系のやきもののことをいう。長石に木灰を混ぜて作った釉薬が焼成中に釉薬に含まれている鉄分によって淡緑色に発色する。青磁を感じさせるやきものである。


 河合 竹彦氏 監修