美濃伊賀(みのいが)
 花入や、水指等でみられるような伊賀風の形をしたやきもののことをいう。器形や技法が伊賀を真似ていることからつけられた名前で、伊賀では自然釉が作り出したビードロ(自然釉が溶けてたまり、緑色に発色している)が魅力なのに対し、白泥で化粧掛けをした上に鉄釉を流しかけているのが特徴。伊賀織部ともいう。


 河合 竹彦氏 監修