美濃唐津(みのからつ)
 織部の窯で焼かれた唐津風のやきもののことをいう。美濃で最初の登り窯である久尻の元屋敷窯を築いた加藤景延が唐津で覚えてきて作ったものとも、唐津から同行してきた陶工が焼成したものともいわれているが定かではない。元屋敷窯のものは生地が赤味を帯びているのが特徴であり、高根東窯のものは生地が灰色である。作品としては、向付などの食器類が多い。唐津織部ともいう。


 河合 竹彦氏 監修