瀬戸黒・引出黒(せとぐろ・ひきだしぐろ)
 鉄釉を施し、釉薬が溶けている途中で窯内から引き出し、急冷させて黒色釉としたものです。
 文様などの装飾を施さず、器種は茶碗に限定されます。16世紀末に大窯で生産されました。

「瀬戸黒茶碗」
 天正時代(1573〜1592)、大窯で焼かれた切立形の茶碗で黒一色のもの。
「織部黒茶碗」
 慶長時代(1596〜1615)、大窯で焼かれた沓形の茶碗で黒一色のもの。
「黒織部茶碗」
 登窯で焼かれた沓形の茶碗で、黒釉が左右に塗り分けられ、余白の部分に鉄絵をつけ長石釉を施したもの。

(財)岐阜県陶磁器資料館
学芸部長 河合 竹彦氏 監修